オーストラリア周遊(ラウンド)_26_ミルデューラにあるマンゴ国立公園という隠れた世界遺産

今日中にミルデュラ(Mildura)につきたい一行は朝から車を走らせるのでした。2016/3/17

ただ、久しぶりの野宿の疲労があったのか運転手(パース君)以外は爆睡するという。。。ごめんねパース君w ここMilduraには、砂漠地帯に広がる4万年前の湖跡地(ウィランドラ湖群地域内)が世界遺産に登録されております。オーストラリアの中にある世界遺産の中でも一番地味というか認知度は低いような気がします。地域内には湖の底の砂と粘土層の浸食による砂丘が33kmにも及んでおり、その姿から万里の長城に例えられたWalls of Chinaや人類最古(約2万年前)の人類(ホモサピエンス)の火葬場があるマンゴ国立公園(Mungo National Park)が有名です。オーストラリアにある世界遺産の中でも複合遺産(文化遺産と自然遺産の両方を兼ね備えており、世界で30件しか登録されていない)に登録されている、無名だけどありがたーい土地なのである!!ちなみにウルル(エアーズロック)や先日訪れたタスマニア島(原生地域)も複合遺産に登録されています。※オーストラリアに複合遺産は4件あります

Mungo National Parkの概要はこの辺にして、昼過ぎにMilduraに着いた我々はひとまず空いたお腹を満たすため公園でお昼をとることに。いやー久しぶりに感じるこの砂漠地帯感!暑いよ熱いよハエ多いよ!!最近南の方にいて、涼しい(朝晩はむしろ寒い)気候にいたので久しぶりに公園で思いっきり水浴びしました。

すっきりして、iサイトのおばさまにMungo National Parkの行き方を確認すると「こっから2時間くらいだけど4WDが必要だよ!」と4WD!?もってねーけどまー行けるっしょ。。。と軽い気持ちでいざ行ってみる。30分ほど進むと舗装された道から一転オフロードに突入。時間もいい時間だったので悪路だけど急ぎぎみに向かう。車のそこに当たる小石ときどき大石にひやひやしながら颯爽とオフロードを駆け抜けるのはなかなか気持ちいいもんでした。ただ、運転手のパース君は気が気でないようでしたw

DSC_0584IMG_1351

そして国立公園入口にあるiサイトについたらなんと職員いないw

DSC_0572  DSC_0573  DSC_0575  IMG_1355

世界最古?の人類の足跡の化石↓

IMG_1359  IMG_1360

奥のほーに見えるのがWalls of China。右から左までずーと白い壁がそびえているのは壮観だけど写真に残し難いことこの上ない。。。エミューもいた

DSC_0586  P3172871

Walls of Chinaの中というか上というかの場所。パース君いわく人や動物がほとんどおらず、雨風のみで地形が作られていったため火星に似ているらしい。誰状報か知らないけど

P3172875  P3172873  P3172876  P3172879  P3172881  DSC_0587DSC_0601

ドライブコースはWalls of Chinaをぐるーっと一周するコースでカンガルー、ワラビー、エミューなど野生動物満載でここはサファリパークでもありました。

P3172889  P3172890P3172907

DSC_0619  DSC_0625  DSC_0624  IMG_1409

ハエがいっぱいいるのが砂漠地帯の特徴。あと、動物?の骨がそのへんにポツポツと。。。

P3172913  IMG_1391

正直、最初はそこまで期待していなかったMungo National Parkですが、その壮大な自然にただただ圧倒されるばかりでした。観光客はほとんどいない、というか誰ひとりとして会いませんでした。しかし、私の中でオススメスポットの一つに認定されました。

帰り道は暗闇の中オフロードを帰るのですが目の前に牛が出てきたときは死ぬかと思いましたw

DSC_0634

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA