キングスパークのメインは”ボタニカルガーデン”でしょ/パース_4

前回はキングスパークの紹介をしていたらANZAC DAYの話が長くなってしまったのでキングスパークの話に戻しまして

(⁰︻⁰) ☝のマップを見ていただくとわかるとおり、マップ右側は広すぎて散策ではなく、トレッキングかちょっとしたマラソンができちゃう距離があります。大きさはDランドの約8倍。そして左側の一割くらい(ここだけども十分な広さがありますが)が慰霊碑があったりする観光名所です。基本的に芝地になっており、昼寝したり、ピクニックしたりと思い思いにすごしています。オーストラリアの芝地は基本的に歩いたり寝転がったりと自由にできるので、こういった天気のいい日だと本当に気持ちがいいです。

  

慰霊碑を囲んで円形の椅子が設置されておりますが、「Whispering Wall」といいちょっとした仕掛けのある壁となってます。端から壁に囁きかけると通常聞こえない距離ですが、壁に反響して反対側でも聞こえてきちゃうという面白い壁?ベンチ?

そしてこの公園はボタニカルガーデンということで植物園も兼ね備えております。園内には西オーストラリア中から集められたワイルドフラワー(野花?)、というオーストラリアでしか見ることができない貴重な花が1万種近く植えられております。が、シーズンは9月からなので今はほとんど咲いていません。写真の左側にあるのはシルバープリンセスというユーカリの花が咲いていました。銀色の枝先に赤っぽいピンク色の花が咲き、ミツバチも蜜を求めて集まってきてました。

 狩り揃えられた草花で作られた時計版がありますが、職員の話によると実は設計ミスがあったようで。作ったあとに気づいたらしいのですが、角度が浅すぎて文字盤がほとんど見えないのと短針と長針がわかりづらいので時計としての機能をほとんど果たしていないとのこと。。。確かに見にくい。作ったあとに気づくというのが、これまたオージーっぽい

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA