長距離列車のチケット買うがまさかの。。。/メルボルン_6

前回、行き先が決まって仮眠をとったところで終わったのでその続き。。

 

PM6時ごろに起きてパッキングをした後、これからの大移動(電車で5時間、バスで2時間、乗り換えの待ち時間が2時間)にそなえて前日と同じご飯をたらふく食べ、バッパーをあとにしました。

サザンクロス駅について、ホームの場所を聞いて電車を待つこと30分、やってきた電車は良く言えば趣のある、悪く言うと古い電車がやってきました。100ℓのキャリーケースを荷物置き場に置いて、指定の席に座り、メルボルンの余韻に浸りながら、待ちに待ったファームジョブに胸躍らせながら出発していきました。都市部を抜けると地平線まで、なにもないただひたすらの荒地が広がっていて、ちょうど夕暮れ時ということもあり、幻想的な風景を見ることが出来ました。まるで「世界の車窓から」をリアルで見ている感じでした。※初めて見たときは感動しましたが、今現在は何も感じません。なぜなら田舎の景色はすべてこんな感じで、1週間もすれば慣れてしまうから

この景色に黄昏ながらゆっくりとコーヒーでも飲みたいなと思っていた矢先、係員がチケットを確認しに車内を巡回し始めました。私のとなりに来たので、はいはいとチケットを渡したところ急に難しい顔をして立ち止まりました。冷や汗だらだらで待っていると、チケットの日付をガシガシ叩かれながら間違っている!と言われ見てみると、なんと!!明日のチケットじゃないですか!!!予約時にバタついていたため日程を間違えるという凡ミスを犯していた模様。

本来なら絶望を感じ焦りに焦ってもいいようなシチュエーションですが、電車は出発しているし、英語よくわかんねーしで”まな板の鯉”状態だったため、ソーリーと簡単に謝って係員に丸投げしました。とりあえず後でまた来ると言われ、その場はなんとか収まりました。が、時間が経つにつれそわそわが増していき、なかなか寝付けないまま1時間、2時間と経過し、結局乗り換えの駅ウォガ ウォガ(Wagga Wagga)に到着してしまいました。※ポイントが目的地Leeton

結果オーライで良かったと一安心したのも束の間、電車を降りてバスを待っていると寒い!! 時刻は深夜0時を回ったところということもあって、冷え込みがすごかったので持ってきていた数少ない防寒着をまとい、ブルブルと身を震わせながらバスを待つこと2時間、今度はバスが来ない!!! いやいやそこはオーストラリアタイムというだけでただ遅れているだけでしょ?!と自分に言い聞かせ待つことプラス1時間、、、バスが来ない!!!!!!!!!

IMG_9172 深夜のWagga Wagga駅

IMG_9174 とその周辺

今でも正確な理由は分かってませんが多分、チケットの日程を間違えていたため、その日その駅から乗る人はいないと判断されバスはWagga Wagga駅に寄らなかったのではないかと。。。そうして、交通手段を失った私はWagga Wagga駅で朝を迎えることになりました。寒すぎて眠れませんでしたが、朝焼けはまぁーー綺麗で本当にこの国のサンセットとサンライズは素晴らしいということを再認識しました。

IMG_9178

次はとうとう目的地到着?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA