• HOME
  • ブログ
  • 旅行
  • 【コロナで暇なので日本のニュースをディスってみた②】ワーホリ行ってて思うこと

【コロナで暇なので日本のニュースをディスってみた②】ワーホリ行ってて思うこと



どーもぺいぺいです

ニュージーランドでワーキングホリデー&ロックダウン中で暇なので最近日本のニュースをよく見るようになりました。もともと、突っ込みどころ満載だったのですが、このコロナの影響でさらにひどくなり、目に余るのでこの日記に書き記そうと決めた次第です。ロックダウンでストレス溜まってきてるのもちょっとあるw

記事は順不同でその日見たものをピックアップしていきますので時系列はぐちゃぐちゃですが悪しからず

海外かぶれの記事にならないように、憤りをなるべく抑えて第三者目線で書いていく所存ですw

お次はこの記事

首相、布マスク配布は「合理的」 野党の対応遅れ指摘に反論

またまた、yahooニュースからの引用ですが、

対策の正当性自体はロナが収束し終わったのちに判断できることだと思うし、個人的に対策を実行しているならそれは非難すべきではないと思います。

が、布マスクの配布は現時点(4月14日)でも、発表当初でも間違った対応だと言い切れる。。。

発表された日が4月1日ということもあり、ニュージーランドでそのニュースを耳にしたときは、日本のエイプリルフールもなかなか攻めるようになったと感心すらした覚えがw

実際行われた政策だと知ったときはもう笑うしかなくて、外国人の友人に話しまくった記憶があります。

さて、今回の内容は布マスクの件ではなく、対応の遅い云々の話

私個人での感覚として政府の対応はめちゃくそ遅いとは思います。

先進国がどんどんロックダウンしていく中、日本はクラスターを回避しつつ回復すればいーかなーといった政策をとっているように見受けられます。見受けられるというのは、明言されてないのでこっちがわざわざ推測しなければならない話だから

日本は世界的にも割と早い段階でコロナウイルスとかかわってきたはずなのに、なぜ今その段階なのか。

その段階というのは、各国の対応に比べて極端に弱い。当初のイギリスやスウェーデンのように意図した対応ではなく、後手後手の対応でそこにたどり着いた感じが否めない。

もし、日本も集団免疫をつくることで感染の緩和を目指しているようなら、そういう意図ですと説明すればいいじゃない

日本がなんでロックダウンしないのって非難しているわけじゃない。

それに、日本がロックダウンできないのは憲法の関係上とのことなので致し方ないそうです。ですが、それも説明すればいいじゃない

結局、いつも彼らは世界的に起こってる現象をなぞって説明しているだけ。そんなことは海外にいれば半月以上前に知ることのできる内容ばっかり。国内でも承知の事実ばかりでしょう?

話すことがあなたたちの仕事ですけど、そうじゃないよね?!

ちなみにイギリスは当初、集団免疫を作ることによる感染の緩和を目指すと発表してました。つまり、特別な対策をしないことを公表していました。(3月13日発表)その後一転し、感染拡大の影響を危惧して外出自粛の声明を出しました。(3月16日発表)そして3月23日にロックダウンしました。

スウェーデンは今もイギリスのような政策を続けており、世界中から日本とスウェーデンの今後に注目が集まっています。

なみに私の友人がニュージーランドのロックダウン直前(3月26日)に帰国しましたが、成田に到着したときなにもチェックされず外に出れたそうです。ニュージーランドは検査対象外の国だから不要ですが、検査対象国の便でくる乗客も同じイミグレを通り、預け荷物をとり、あくまで自己申告による検査。3月後半でこの対応は絶望的ですね。

日本は5月まで外出自粛と宣言がありましが、なぜそんな短期間なんでしょうか。

ひと月足らずで収束した国、緩和した国なんてほとんどないのに。

そして5月以降の対応はいつ説明があるのでしょう。

よく暴動が起きないなと、友達に嘲笑されましたが。私も不思議でしょうがない。

こんなこと書いていると、どんどんイライラしてくる。お肌によくない。でもまだまだあるw

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA