【カナダで車の保険といえば】と余談で免許の書き換え@キャンモア




前回の日記車のナンバープレートがないから、車を買っても運転できない!!とかきましたので今回は車を買った後の話

車を買ったら何しなきゃいけないかというと保険に入る必要があります。ってかこれは義務なので入らなければなりません。しかしこれがまた高くて厄介なもんで、日本で何年も運転してたってこっちでは1年生ドライバー扱いだからその分保険も割高。たとえゴールド免許だろうと
バンフの町中にあるいくつかの保険屋で見積もりだしてもらったけど年1700CADくらいということで、ワーホリフレンドに一番安い保険は何かと聞いて教えてもらったのが”thePersonal”というオンラインの保険https://www.thepersonal.com/

結局、私はこちらの保険を利用して大体1200CAD/年(12万くらい)くらいでした。ただ、申請方法は基本電話となりますので、英語のかつ電話という難関をクリアしなければなりませんが、事前に見積もり項目を埋めておくと大体どんな質問がくるのかわかるので意外と電話でも大丈夫でした。無事、電話での申請が完了するとメールがくるので

  • そのメールに添付されている資料
  • 先日の日記にも載せた売買の証明書みたいな紙
  • 免許or国際免許
  • 住所証明書(もしかしたら必要)

上記の3,4点をもってRegistry(自動車管理局)に行き、晴れてナンバープレートをその場でもらえます。ナンバープレートはこんな感じ

余談で免許の書き換えの話

私はカナダにきて免許の書き換えを行いました。というのも、カナダではお酒を買いに行くときやカジノに行く際に身分証の提示が求められ(幼く見られがちなので)ますが、日本のくそ免許証は英語で表記されてないので身分証として全く役に立ちません。そのため日常生活にパスポートの帯同が求められますが、かさ張る上に無くす危険性もあるのであまり持ちたくないのが本音ですよね。ということで免許を書き換えればそんな必要もなくなるのでハッピーってことで、ワーホリにきたら免許を書き換えるのが恒例行事となってます。

ではどうやって書き換えが必要かというと、これまたRegistry(自動車管理局)に行く必要があります。そこに以下の4点をもっていけば簡単な視力検査をして仮の免許を発行してもらい終了。実際の免許証は後日(1週間くらい後)P.O BOXに郵送されるとのこと。この免許書き換えはアルバータ州のシステムなので他の州はまた違うと思いますのであしからず

  • 日本の免許証
  • 日本免許の翻訳
  • 住所証明書(pay slipとか)
  • ビザの書類
  • お金(120ドルくらいだった気がする。。。)

ここで注意点が国際免許≠免許の翻訳ということ!!わたしはこれで結構手間取りました。

なぜなら翻訳にはカルガリーの領事館に行かなければいかないからー。。。

キャンモア→カルガリー領事館で翻訳申請(35CADくらい)→キャンモア帰る→3営業日後くらいにカルガリーにまた行き、翻訳を受け取る→キャンモア帰るというくそ面倒な工程を踏まなきゃならなかったからー。ちなみ夏のお店がめちゃ忙しい真っただ中のかつWワークもしているときに暇なときを見つけて、といっても暇な時がないので無理やりシフト調整して取ってきました。ちなみにわざわざグレイハウンドに乗っていきました。今となっては便利な相乗りアプリあることを知りましたが、当時はきたばっかで情弱な私は、相乗りアプリがあるなんてしるよしもありませんでした。ちなみにそのアプリはPOPARIDE

乗り場と降り場と日にちを選択すれば条件に合う人がこんな感じに出てきます。あとはアプリの流れのままお願いするって感じ。もちろん希望の時間がなかったりとかはありますから、運が良ければとなりますが。割とカルガリーバンフ間は通勤で使っている人がいるので見つかりやすいという印象です。何より安い!

 

ということで3回にわたって書いた、車を買ってから運転できるまではこれにて終了でーす

次は住んでいた家のことについてかこうかなー。。。では

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA