【バンフで家探し】バンフ到着したから家探し(残高100ドル)



さて先日不安にかられながら眠りにつきましたが、今日は早々にチェックアウトして図書にこもり家探し。ちなみに写真は内容とは全くないけどケアンズで有名なOKギフトショップを見つけたのでつい写真にとってしまいました。大橋巨泉さんが手がけたお店ということでケアンズでは有名なお土産屋さんでしたがここバンフにもあるとは知りませんでした。

さて話を戻しまして、家探ししてたら家がない!!いろいろサイトを見て空き部屋募集を探してましたがまー全然ないしいくつか見つけてメッセージ送ってもすでに募集は終了しているとかで、箸にも棒にも引っかからない状況でした。当初の予定では

家見つかる→レント(家賃)の支払いを待ってもらう→仕事探す→現金GET

の流れで行こうと思っていたのですが、どうやらこの作戦は使えない模様。ちなみにオーストラリアはお給料の支払いは週1か2週に1回のペースで支払われるため、現金なくても働ければ何とかなるさ精神で行けました。よってカナダも多分一緒だから大丈夫と舐めてかかったのでこの時とても追い込まれたというw

バンフは小さい町だからシェアハウスの供給も少ないと聞いていたけど、ここまで少ないとは予想外でした。ということで

作戦Bの”アコモ付きの仕事”を探す

ことに。アコモ付きの仕事とは、そこの職場がスタッフハウスをもっていて仕事をするとそこに住めるという仕組みのやつです。バンフにはホテルがたくさんあったためアコモ付きの仕事が結構あると噂があり探してみることに。時期も良かったのか(5月末)募集が結構ありメールを送りまくりました。がここでまた一つ計算ミス、、、そんなすぐに返信来ない!せめて朝一で送らないとその日のうちに返事をもらえる確率は格段に低くなることを送ってしばらく経って気付きましたw ということで送るだけ送って早々にバッパーにもどり再チェックイン。明日は朝一で色んな職場にレジュメを配りに行こうという計画のため早めの就寝

残り100ドル

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA